ちょっと時期外れな話題になりますが、どうしても皆さんに見ておいていただきたい光景があります。
それは、浄土真宗親鸞会本部がある富山県の雪国としての光景。
冬の雪景色です。

雪が積もる地域では、冬が近付くといたるところで雪吊りの作業が行われます。
親鸞会の会員を始めとした、知っている方にとっては当たり前の雪吊りですが、雪の積もらない(または少ない)地域にお住まいの方は、知らない方もいらっしゃるでしょう。

雪吊りとは、雪の重みから木々の枝を守る、古くからの習慣です。
雪が枝に積もると、その重みで枝が折れてしまう恐れがあるため、ロープなどで支えておくのです。
支柱の上部から何本ものロープを垂らし、そのロープを枝に結んで吊るしておく。
この、木々が傘を差したかのような光景は、たとえ雪が積もっていなくとも見ごたえのある光景で、石川県の兼六園など有名ですね。

浄土真宗親鸞会でも、もちろん毎年雪吊りが行われます。
親鸞会の本部会館の正面広場には大きな松の木が植えられてあり、親鸞会に訪れる方々が、まず目にする松ですから、雪吊りも間違いのないようしっかりと行われます。

大きな松には大きな雪吊り、小さな松には小さな雪吊りです。
親鸞会敷地内の道路わきに並ぶ松にも、それぞれに雪吊りを施します。
それらがロープと共に雪を被った日には、傘を纏った樹氷のようでもあり、風情があって見ごたえがあります。

浄土真宗親鸞会は、花が咲き乱れる春に訪れても人々の目を楽しませますが、雪が降り積もる冬に訪れても美しい銀世界を見ることができるので、その点もご覧になっていただきたいところです。

松の雪吊り

松の雪吊り