皆さま、こんにちは。

一難去って、また一難と言いますが、先月からの大雪が一段落して寒波が去ったと思ったら、また寒波来襲で大雪になりそうな富山県です。

親鸞会イミズムでも記事になっておりましたが、先週末の土曜日は駐車場の除雪作業が建立を控えた親鸞会の富山会館でも行われました。

富山会館(Photo by 親鸞会)

親鸞会の二千畳付近でしたら、重機などでスタッフの皆さんが早朝からガーッとやってくださるのですが、富山会館は地元の法友で力を合わせて除雪作業を行いました。

こんな寒くて大雪の降る富山でございますので、如何にもモノトーンの世界で、屋外で満開の花など見ることができません。その分、除雪用のスノーダンプやスコップの鮮やかな色が刺激的なんですけどね。そんな中で親鸞会のビル周辺を歩いていたところ、花を発見!

椿(Photo by 親鸞会)

椿(つばき)のようでございます。

なかなか融けずに残っている真っ白な雪で覆われた中に、強烈な赤の椿が目立ちます。これは撮っておこうと思って撮影し、部屋に戻って同僚に「椿だよ〜♪」と見せると「これ、山茶花(さざんか)じゃない?」と言われてしまいました。しかし、他の同僚からは「いや、これ椿だよ」と言われるしで、ちょっとした「椿と山茶花の見分け騒動」になってしまいました。

そう言えば、先日の日曜日にNHKのEテレ(教育テレビ)で、椿と山茶花の違いを放送していましたが、椿は花びらが根元でくっつていて、山茶花は花びらがバラバラとのこと。だから、下に散っている花を見て、花ごとボットンと落ちていれば椿で、花びらがパラパラと散っていれば山茶花らしいです。……っていうことは、散っていないを分からないんですかねぇ?

そのアドバイスを思い出して、地面を見てみると……、

両方落ちているしっ!!

ますます分からなくなりました。

更に、親鸞会の庭の手入れをされているスタッフに聞いてみると「最近は雑種もあるので、分かりにくいです」とのこと。

ややこしや〜♪ややこしや〜♪

そういえば、ブラジルで親鸞会とご縁があって、今は日本で仏法を求めている日系人の法友がいます。ご両親共に日本人なんですが、「私が日本に来るとブラジル人と言われて、ブラジルに行くと日本人と言われる。自分でもどっちかわからない」と言われていました。

椿と山茶花の業界でも雑種が生まれてきて、どっちがどっちなのか分からなくなっているのも分かる気がしました。

ではでは。