皆さん、梅雨はお好きですか?
きっと、雨ばかりでジメジメムシムシして梅雨なんて嫌いだ、という方は多いでしょうね。
確かに、夏に向かってどんどん暑くなるこの時期に、雨で湿度が高くなるのはちょっと困りものです。

ですが、梅雨という時期そのものを嫌いになってしまうことは、どうやら私にはできそうにありません。

何故かといいますと、親鸞会では梅雨にも美しい草花を見ることができるからです。
梅雨の花といえば・・・皆さんも分かりますよね。
そう、アジサイです。

アジサイは小さな花がいくつも集まって大きな花を成す種の花。
漢字では「紫陽花」と書きますが、実はこれ、元は別の花を指す字だったそうです。
唐の白居易がこの字を当てたのですが、その花はライラックだったといわれています。
それが平安時代に日本に伝わると、源順という学者が誤ってアジサイにあててしまったのだとか。
でも、アジサイを「紫陽花」と表記するのは、「紫」といい「陽」といい、言い得て妙ですね。

アジサイは別名を「七変化」ともいいます。
それは、花の咲き始めは白く、徐々に色づいていくため。
また、アジサイは植える土壌の質によっても花の色が変わります。
品種によって基本の色は決まっているのですが、土壌が酸性なら青味が強く、アルカリ性なら赤味が強くなります。

さて、アジサイの種類は大きく二つに分けることができます。
ひとつは、西洋アジサイ。
アジサイと聞いて誰もが思い浮かべる、花の集まりが球形になっている種類がそうです。もうひとつは、額アジサイ。
こちらは同じ球形でも花弁が開くのは周囲だけで、この種が日本原産のものです。

写真でお見せしているのは親鸞会の聖地に植えられた西洋アジサイです。
青や紫の小花が群れなして大輪を作るアジサイの姿は、ジメジメと気が滅入りそうな梅雨の風物詩として、親鸞会館を訪れた人の心を和ませてくれます。

アジサイ

アジサイ